理念会議とは

答えのない時代だからこそ理念が必要。

理念会議とは

企業に関わる全ての人(ステークホルダー)の幸せのために、企業の”見えざる資産”の価値を高める必要があると考えています。理念会議では”見えざる資産”を6つに分類しています。 これらの価値を高める土台に理念があり、企業の存在価値を示す理念を中心に組織内のブランディング・コミュニケーションの活性化をサポートします。

なぜ理念会議が必要か

労働人口の減少という課題を抱える中、すでに多くの企業が人手不足、採用難に苦しんでいます。人材の流動性が高まり、外部人材の活用など雇用形態、採用方法が今後大きく変わっていくと考えられます。そのような状況下において社会に対する存在価値がヒトを惹きつける求心力となり、企業が発信するメッセージとして理念が重要な役割を担います。

何を成し遂げたいか

企業・個人ともに幸せとなる組織を作りたいと考えています。SDGsに代表される持続的な成長を支える経営を実現する為にも、そこで働く一人ひとりが幸せであるべきだと考えています。単に勤務時間や給与などの条件面の良さではなく、自律性を発揮しモチベーションとエンゲージメントを感じられる社会・組織を作りたいと心から思っています。


Service

ふたつの理念会議 「オープンミーティング」「トップセッション」

OPEN MEETING 
あるべき姿を模索する仲間と理念を練る場。

OPEN MEETING
あるべき姿を模索する 仲間と理念を練る場。

TOP SESSION
共通の価値観となる理念の構築をサポート

TOP SESSION
共通の価値観となる 理念の構築をサポート


SUPPORTER

理念会議の運営を行うメンバーのご紹介。

村中 督史 – Tokuhis Muranaka

デザイン・広告会社出身。
スタートアップや小さな組織で新規事業を担当。現在は独立し、コーポレートコミュニケーションの支援を中心にWEBマーケティング/ディレクションを行う。
「一人ひとりが能力を100%発揮出来る世界」を目指し、2016年より働き方をテーマにOMOROI:WORKSの活動を開始。「相互に認め合い良質な対話を育む場」の開発に取り組む。
teamDRAFT/ OMOROI:WORKS 代表
PineWest株式会社執行役員など

中野 敦志 – Atsushi Nakano

学卒業後33年間、在版の一部上場企業で勤務。勤務中は、営業を8年経験、その後システム部門に異動、23年間社内SEやマネジメントとして活躍。その後2年間人事にて社員のキャリア開発を担当。
2016年12月国家資格キャリアコンサルタント試験に合格し、2017年2月に登録。定年のない世界で一生楽しく仕事をしていくためにフリーでのキャリアコンサルタントとして活動。
キャリアコンサルタントグループwellbeing 代表
CareerWellbeingLab+共同代表など

河村 英也 – Hideya Kawamura

大学卒業後、広告制作・編集会社の株式会社エトレに入社。マーケティングやプロモーションの企画、PR企画、編集制作、営業開発・プロデュースなど、企業や大学・行政・団体のコミュニケーションを支援する仕事に幅広く従事。
現在は社史、周年史という企業等が周年の節目を機に発刊する書籍・冊子の編集制作に携わる。歴史をまとめる仕事を行うなかで、企業にとっての「理念」の重要性を痛感。自分の働き方にも「理念」をもって取り組もうとしている。
現在も株式会社エトレ勤務。