愛される組織作り

インターナル・コミュニケーション支援

理念会議の取り組み

企業と個人のあるべき姿をすり合わせ、活きる理念の開発浸透をお手伝いさせていただきます。

対話

意見をぶつけ合うのではなく、 他者との違いを受け入れ、 新たな気づきや学びを育みます。

心理的安全性

参加者の言葉に耳を傾け、 互いに尊重してオープンに意見を出し合える 環境・雰囲気を創ります。

未来創造

個々の多様性を受け入れつつ、チームメンバー共通の想いとして、組織のあるべき姿、理想の未来を描きます。

モチベーションとエンゲージメントを感じられる社会・組織を作りたい。

高度成長期、我々世代が過ごした社会も含め、過去200年もの間、 働くモチベーションは「アメとムチ」であるとされてきました。 ※これは科学的管理法(1911年)がベースとなっています。 しかしいま、変化が激しく不確実性の高い時代においては、 価値観が多様化し「アメとムチ」では機能しないことがわかってきました。 つまり報酬などによる外的動機付けではなく、 自身の内面の充実による内的動機づけが必要と言われています。 働く人にとって本当に大切なものを我々は追い求めていきたいと思います。

SUPPORTER

サポーター
村中 督史
Tokushi Muranaka
中野 敦志
Atsushi Nakano
河村 英也
Hideya Kawamura

理念会議について

Topics