Diversity & Inclusion

team DRAFT

想いをカタチに・つながりを育む

視点を変えることで
新しい価値が見つかる

画一性が高い組織ほど、企業や組織・チームに備わる魅力や強みは見過ごされがちです。今後は人財のダイバーシティ(多様性)をお互いにインクルージョン(包摂)することが持続的成長の原動力になると言われています。お客様や従業員、協力会社など、ステークホルダーとの最適な関係を築くためにまず必要なことは、既存の答えに縛られることなく自分たちの魅力を再確認することです。
teamDRAFTは自由な発想で組織/チームの魅力を引き出すための社内外に向けた最適なコミュニケーション活動をサポートさせていただきます。

多様性
   

サービス


社内の知見やノウハウ・現場の声は、企業にとって大切な資産の一つ。一人ひとりの想いを引き出し、社内に眠る魅力を引き出し伝えます。

チーム・コミュニケーション

対話を中心にチームの魅力をメンバー自身で話し合いアクションプランに。多様な視点が組織の強みの源泉となります。

人材育成・風土改革

個人も組織も自分のことを振り返るのは難しいことです。違いを認め新たな発想を受け入れる風土づくりをお手伝いします。

デザイン・経営

お客様のビジョンや想いへの共感とコミュニケーションターゲットの視点を併せ持ちデザインをベースに経営をサポートします。

主な取り組み


teamDRAFTでは「働き方」「組織づくり」「キャリア」「コミュニティ」をテーマにさまざまなプログラムに取り組んでいます。

理念会議

中小企業を中心に Well Being をコンセプトとした幸せな組織づくりのためのコンサルティングを実施。


O M O R O I : W O R K S

『違いを尊重し互いを認め合うオープンな対話の場を育む』テーマに場づくり・人材育成に取組む


人と組織、そして働く検討会

ワークショップを中心に対話により考えを深め、企業や団体の共創の場としてセミナーや研修を実施


teamDRAFT


一人ひとりの想いをカタチに、つながりを育む

team DRAFT は、企業と企業を取り巻くステークホルダーの”想い”に着目し、企業の存在価値・理念・ビジョンをベースにステークホルダーとの最適なコミュニケーション活動をデザインします。
人や組織の活性化を軸に、人材育成、風土育成、広報・社内のコミュニケーション活動をサポート。企業独自の強みや存在価値、理念を言語化・ビジュアル化することで、社内外との円滑なコミュニケーションを育みます。

   

プロフィール

村中 督史 - TOKUSHI MURANAKA

広告制作会社を経て、いくつかのスタートアップで事業開発に取り組んだ後に独立。2016年より働き方をテーマにOMOROI:WORKSを主催。デザイン・編集をベースに「相互に認め合い良質な対話を育む場」の開発に取り組む。 健康経営アドバイザー(認定番号 19000843)、グロービス経営大学院 経営研究科 経営専攻 修了(MBA)。

名称teamDRAFT
代表 村中 督史
住所〒541-0058
大阪市中央区南久宝寺町2-6-8
サントビル5階(アイダ有限会社内)
業務内容組織風土改革コンサルティング
人材教育・研修・セミナー企画実施
デザイン・マーケティング支援